☆レッドなアクセラ T様☆


色々なお店で話を聞いてみて最終的に当店を選んで来ていただきましたm(__)m
そう言っていただけると嬉しいですね。
納車から1ヶ月以上待っていただきましたが、その間もお手入れされていたみたいで
状態も問題なくスムーズに施工完了することが出来ました。



◎施工中を少しご紹介


今回はウィンドーコーティングもご依頼いただきました。
画像は磨きを終えた状態からコーティング前下地材、塗布中→湿気などを乾燥させる為に合間合間にドライヤーで乾燥→最後にコーティング塗布。


乾燥させたら拭き上げて完了^^ 狭い個所はヘラ等使用して拭き上げます。


 
ここからはボディー編です。洗車後からになります。状態により作業内容は変わりますが
今回はシリカスケールという水滴跡、下記画像↓のような物をケミカルにて浮かせて除去していきます。

 
色が淡いとそんなの付いていないと思われがちですが付いてるんです(-_-) 見えにくいだけでしっかり付いてます(汗
コンパウンドなどで磨いても除去出来ないわけじゃないですが
場合によっては水滴跡をいきなり磨き始めると塗装面に埋め込んでしまったような状態になってしまいます。
こうなるとアウト!です・・・ケミカルでやれば除去出来ていた水滴跡も除去出来なくなってしまいます。
なので、順番が大事なのです^^

 
シリカスケールを除去した後は今回はポリッシャーにて表面を磨いていきます。
必ずしもポリッシャーで磨く必要があるわけではありません。
磨くといっても表面を整える程度ですので(^^)

 
ドア内側もヘラ等使ってクリーニングしていきます^^ コーティングの種類にはよりますが
基本的には手塗り、手拭き上げが私は理想だと思っています。
機械塗りや、スプレーガンによる吹付は個人的に??なことが多いので
そういった仕様の物は使わないです。


☆それでは全体完成画像をどうぞ☆

  

  

  

  

  



T様、この度は当店を選んでいただきありがとうございました。

ササッとやってる感じのお手入れがちょうど優しい感じで
グッド!だと思いますよ。
ただ、水滴だけは残さないようにしましょうね^^

それではこれからも末永く宜しくお願い致します。


施工店 岡山県岡山市南区藤田564−87 ボディーコーティング専門店CSS 

担当者 湯浅 加住夫



    コーティング専門店CSSトップへ