★日産 ブラックリーフ H様号★


久しぶりな日産のブラック。同じ真っ黒でもトヨタブラックの施工か簡単に思えてしまうほど
考え込んでしまう日産ブラック(^_^;) 電気自動車で車は進歩してるのに
塗装は・・・昔とずっと同じな気がする。一部の車種にはスクラッチシールド塗装が日産にはありますが
全部にしてあげなよ(汗 塗料が高いから難しんだろうけど・・・やっちゃいな日産!



◎そんなリーフの施工を一部ご紹介

磨き後→

磨き後→
おそらく新車時の保護シートを剥がした糊跡などを除去するのにガサガサしたのか
他のパネルはそうでもなかったのにボンネットは気になったねぇ。


除去後→
ルーフのシリカスケール除去風景。水ジミ系の汚れはケミカルで分解除去します。
シミの具合ではいきなり磨いてもいいのですが、具合によってはシミを塗装面に埋め込んでしまうようになりますので
基本的にはケミカル処理から始めます。

 
シリカスケール除去後は今回はポリッシャーにて軽く全体を調整。
何か小さいポリッシャーでちまちまと磨いてるのか?と、思われるでしょうが
一応意味があるんです(汗 大きいのではダメじゃないんですが・・その辺は内緒で(@_@)

 
サイド面も上面ほどではないですが、シリカスケールは付着してますのでケミカル処理です。


ドア内側もクリーニングしていきます^^

 
未塗装部分もスポンジ、クロス、ヘラ等使って塗っていきます。
意外と地味に時間が掛かります(@_@;)

☆そんな感じで全体完成画像をどうぞ☆

  

  

  

  

  

H様、この度は当店を選んでいただきありがとうございました。

黒いリーフ、カッコイイですね。段々、見慣れてくるとリーフのデザインも良いなぁと、思ってるんですね^^
出始めは「ムムム・・・」だったのですが黒いリーフを見た時に「おぉ〜」でした。
なにかとお手入れが大変な塗装ですが長く綺麗に維持出来るように頑張っていきましょうm(__)m

これからも末永く宜しくお願い致します。


施工店 岡山県岡山市南区藤田564−87 ボディーコーティング専門店CSS 

担当者 湯浅 加住夫



    コーティング専門店CSSトップへ