☆パールホワイトなムーブ(キャンバス) U様号☆


少し前にツートンのムーブを施工致しましたが
そのA様のいとこだそうです。
同時期にご予約を頂いていたのですがこちらの方が納車に少し時間がかかったみたいです(^^)

お車の状態も良く施工もスムーズに完了することが出来ました。


●施工の一部をご紹介

ウィンドーコーティング前の下地作り中。新車時は主に手磨きで表面を磨いていきます。
機械で磨くときもありますが新車は手磨きが多いかなぁ。

 
ボディー面は洗車後、まずはシリカスケール(水ジミ汚れ)を専用薬品で分解除去から。白系は水ジミなんて付いてないわぁ〜と、思ってたら
大きな間違えで、ただ見えにくいだけで結構付いてますから。
コンパウンドで磨いても除去出来る事がありますが、いきなりコンパウンドなどで磨いて擦ったりすると
シミが塗装面に食い込んで除去出来るはずだった物も除去出来なくなることがありますので処理には順番が大事なんですね^^


シリカスケール除去が終わりましたらコーティングが定着しやすい状態にするために
専用液を塗っていきます。
大事な工程です。


手塗りにてコーティング塗り込み中。拭き取りも手拭きです。
機械で塗ったら・・機械で拭き取ったら・・と、推進するメーカもあったりするのですが
機械で塗ると薄く塗り込みようになってしまったり、拭き取りでも拭き取り過ぎたり
私には機械仕様が合わないんですね(汗
私は手で塗って厚みを感じつつ、拭き取りも厚みを調整しつつ拭き取ることが出来るのは
やっぱり手作業だけだと思っています。

 
未塗装部分も専用コーティングを塗り込み。 細かい所はヘラや筆を使って塗り込んでいきます。


ホイールもコーティング済み^^

★それでは全体完成画像をどうぞ★

  

  

  

  

  

U様、この度はありがとうございました。

無事に免許も取れて良かったですね^^
また、メンテナンスなどはA様にご相談いただければA様が頑張って予約を取ってくれるかと。。

では、長く綺麗に維持していけるように頑張っていきましょうm(__)m

施工店 岡山県岡山市南区藤田564−87 ボディーコーティング専門店CSS 

担当者 湯浅 加住夫



    コーティング専門店CSSトップへ