取扱いボディーコーティング紹介


※2017年1月よりNEWタイプになりました。原料を見直すことによってより塗装の隅間までしっかり入り込み、膜厚も確保することが出来ました。

◎検証結果

アンダークリアー補充を行ってからGLOSSSLIDE(グロスライド)コーティングを施工し、 GLOSSSLIDE表面硬化後、TOPコートにウォータースポット防止・耐擦り性向上目的に作られた専用コーティングを施工致します。

「アンダークリアー補充については青文字をクリックして詳しい説明をご覧ください。」


Wコーティングでクリアーレジンコーティングとなります。 コーティングのみでも優れてはいますが、やはりアンダークリアーを使用しての施工は更に塗装面をしっかり保護してくれます。
今まで国産の濃色系など柔らかめな塗装は劣化が早いので悩まされていました。パッと見はキレイなのですが,よく見ると「少しクスミが出てるなぁ」と、・・・(~ヘ~;)ウーン
しかし、クリアーレジンコーティングを施工するようになってからは既存のお客様のお車に施工し洗車・メンテナンスをさせていただくと違いがよく分かりました。
屋外駐車の方がカーポートや車庫保管になった時などはメンテナンス時に「あれ?状態が良くなってるなぁ」と、違いに直ぐ気付きます。まさにこの感覚でした^^
お手入れの面倒な方・駐車環境の悪い方などは特にオススメです。通常料金よりも高くなってしまいますが料金の差額分以上の効果は十分に体感していただけるはずです

 

 

塗り込みに使用したクロスは・・・

上画像は新しいクロスですので普通にフニャッとなりますが、下画像のクロスはコーティングの塗り込みに使用したも物で 3時間後くらいですか・・まだ若干柔いですがクロスも硬化してピン!っと、してます。塗装内部にもしっかり入り込み表面に膜を作ります。

 

 


※2016年1月よりNEWタイプになりました。原料を見直すことによって より塗装の隅間までしっかり入り込み、膜厚も確保することが出来ました。

◎検証結果お客様へ施工開始したのは2016年7月からです。現在2017年12月です。(お客様の前に勿論、テスト車両での期間が数ヵ月あります)
夏から検証して「さぁ・・どうかなぁ(-_-)」と、ワクワクとドキドキしておりました。
コーティング表面に出来る白い輪ジミ・塗装面に深く浸食してしまう症状(クレータージミ)・・・水関係全般。今まで色んなコーティングなど試したり、講習を受けないと
購入出来ないという商材(有名ガラスコーティング等)も講習を受けて使用してみたりしましたが正直どれもあん~まり大差ないんです。ガックリ・・・
撥水タイプだからウォータースポットが出来るから相性が悪い・・と、昔は思っていたものですが 親水でも撥水でもウォータースポットは出来るのです(汗  では、何を基準で選んでいるかというと水ジミ系汚れの除去性・コーティングを除去した時の塗装面ダメージの少なさです。
確かに親水タイプは表面上ウォータースポットが少ない様に思えるのですが コーティングの性質上膜厚があまりなく塗装面へのダメージが多いのです。
撥水タイプは水滴な分だけウォータースポットが付くこともありますが、コーティング性質上膜厚が多い為 ケミカル処理やコーティングを剥がしてしまえば塗装面までのダメージが少ないのです。
コーティングというのは塗装面の代わりにダメージを受け止めるものなのです。 水滴の跡をウォータースポットと呼びますが、水滴の跡ではない水の薄い汚れ膜というのもあり それをシリカスケール汚れと私は呼んでいます。シリカスケール汚れがボディー面を覆うように膜が張られると光沢の低下・水切れの低下に繋がるのです。「光沢の低下=コーティング効果悪い」に繋がってしまうのです。 ウォータスポット・シリカスケール両方そうなのですが、ガラスコーティングという物にはワックスやポリマーなどに比べて付着しやすいのです。
これは私が思ってるだけでなく、実際にガラスコーティングを他のお店や当店も含めてですが経験されたお客様から聞くお言葉です。
本当にウォータースポットに私自身悩んで・・悩んで・・色んな状況をチェックして、わざわざ新車を買って新しいパネルで試してみたり もしかして、これがダメでこれだったら・・・の、行き着いた先のGLOSS(艶)ガラスコーティング。
まだまだ、より良い状態を目指していますが、私の中で最高な物でみなさんのお車をガードさせてください。

 



※その他、検証中のコーティングもありますので良い検証結果が出た物は随時紹介していきます。